水素水の注目度が高まっている今、
手軽で尚且つ手軽に使えることで人気が高まっているのが【水素水スティック】です。

何度か繰り返し使えることで経済的に水素水を摂取することができます。

アルミ缶やペットボトルタイプの水素水は購入するだけで簡単に飲むことができますが
継続して摂取するとなると結構な金額になってしまいます。
その点スティックタイプは自宅にある空き容器に水道水を入れて
スティックを入れるだけという手軽さ。
しかも使い捨てではなく何度か繰り返し使えるという点も人気となっているようです。

様々なメーカーで色々なタイプの水素水スティックが販売されているようですが
それぞれ水素が発生する早さや耐久性などの違いがあるようです。

例えば、毎日2リットルの水素水を作る場合
およそ6ヶ月持つといわれている水素水スティックですが
そのメーカーのスティックによって持続は4ヶ月程度といわれているものもあります。

毎日ただ使うのではなくメンテナンスもポイントとなってきます。
きちんとしたメンテナンスを行っていれば6ヶ月持続して使えるので
少なくとも1ヶ月に2度のお手入れを心がけましょう。

水素水スティックのメンテナンスは、まず穀物酢と水を使います。
穀物酢を水で4倍に薄めたものを作ります。
その中に水素水スティックを10分程度浸し
その後きちんと水を洗い流します。
これでメンテナンスは終了です。

その際の注意点ですが、長く浸しておけばより綺麗になるだろうと長時間浸すのはやめましょう
また洗い流す際に洗剤などを使うことも避けるようにしましょう。

正しいメンテナンスを行い水素水スティックを正しく使えば
水素の発生を持続させることができますので
注意点をきちんと踏まえて賢く利用しましょう。