数多く売られている水素水の中で
自分のライフスタイルや身体にあったものを選ぶことが出来たら
継続して飲むことは難しいことではないでしょう。

水素は軽い物質なので、すぐ放散してしまう性質があります。
開封したら時間をおかずにすぐ飲みきることがポイントとなってきます。

ペットボトル容器は一般的ですがこの場合、
容器を水素が透過してしまう場合があるようで
たとえ封を開けなくても長期保存は難しいそうです。

開封前の水素水でも保存期間が短いということであれば
製造日から数日のうちに飲みきらなければ効果を得られなくなってしまいます。

アルミパウチは持ち運びが便利なことから人気のタイプとなっていますが
こちらは水素が透過しにくいようです。
製造の工程上、一番多くの水素を含ませることが可能のため
保存期間は半年ほども可能です。

アルミボトルにおいては製造日から数えて一年もの長期保存が可能となっています。
そのため大量生産ができますので値段も安く提供されています。
長く愛用する場合はうれしいですね。

もちろん、アルミパウチもアルミボトルも開封前の保存期間です。
いったん封を開けてしまえば時間をおかずに飲みきることはポイントとして変わりありません。

水道水にスティックを入れて水素水を作るタイプも売られていますが、
こちらも同じように時間を置かずに飲みきるようにしましょう。